お子様向け診療

お母様方へ

耳鼻咽喉科では細い機材を耳や鼻の穴の中に入れるので、怖がって暴れるお子様が多いのが現状です。
このページではお子様に負担をかけない抑え方をお伝え致します。

ステップ1

まず保護者の方が深く診察椅子に腰かけ、お子様を膝の上に座らせて下さい。

矢印
ステップ2

その際、保護者の方はお子様の両足を膝でしっかり挟み込み、両手でお子様の方から腕をしっかり抱いて固定してください。

矢印
ステップ3

看護婦はお子様の頭部をしっかり両手で固定し、診察しやすい姿勢を確保します。この際、出来るだけ声をかけ、コミュニケーションをとって恐怖心を和らげてあげて下さい。 また、1人で診察椅子に座れるお子様の場合は出来るだけ1人で座らせた方が恐怖心を軽減することができ、スムーズに診察できることが多いです。

矢印

中耳炎

鼓膜の「中耳」という部分が炎症をおこす病気です。
耳と鼻、のどはすべて同じ管で繋がっているのですが、お子様は鼻と耳をつなぐ「耳管」が太く短いため、中耳炎になりすいのです。

熱を出すと必ず中耳炎になるお子様もいます。 お母様はお子様の「くせ」を把握されて、かかりつけの医師を選んでおいてください。

耳あか

お子様の耳の中はとても狭く、傷つきやすいので、大人用の耳かきではうまく耳あかを取ることができません。
嫌がって暴れる子も多いので、耳鼻科で綺麗にしてあげて下さい。

耳あかが溜まりすぎると、聴力に影響を及ばす恐れがあります。 小さいお子様の場合が、耳がよく聞こえないことで言語発達の障害に繋がる場合がございます。
お子様が特に痒がったり、痛がったりしていなくとも、一度ご来院してみては如何でしょうか。

鼻みず

鼻みずが多くて苦しそう、ミルクが飲みづらい、夜起きてしまう、等の症状には鼻水吸引だけでも効果があります。
他院でお薬を飲んでいても、鼻みず吸引のみで来院するお子様は多いです。

side_inq.png